Sportsbet.io『スポーツベットアイオー』

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

専任教員一覧に戻る ■国際交流学科 准教授 川上 豊幸(カワカミ トヨユキ) 専門分野および専門テーマ 環境創成学,経済政策,森林圏科学,環境問題への対応策の検討取得学位博士(経済学)学位取得大学神戸大学最終学歴神戸大学大学院国際協力研究科国際開発専攻博士課程満期退学  1. 教育活動1-1 担当授業科目 年度事項 2023国際交流入門,グローバル社会概論1,グローバル社会概論2,NGO基礎ワークショップ,国際環境論1,国際環境論2,NGOと市民社会,食と環境,国際環境論演習Ⅰ(1),国際環境論演習Ⅰ(2),国際環境論演習Ⅱ(1),国際環境論演習Ⅱ(2) 2022基礎課程演習 17,国際交流入門,国際環境論演習Ⅰ(2),国際環境論演習Ⅰ(1),資源と環境,食と環境,NGOと市民社会,国際環境論2,国際環境論1,グローバル社会概論2,グローバル社会概論1 2. 大学及び学校法人における役職の経歴3. 研究活動 著書・論文等の名称単著・共著の別発行または発表の年月発行所、発表雑誌(及び巻・号数)、発表・講演等のテーマ及び内容等の名称編者・著者名(共著の場合のみ記入)該当頁数 <著書> 『国際資源管理認証』(第8章 森林認証制度を見定め活動する−タスマニア森林保全と企業への働きかけ 担当執筆)共著2016年3月東京大学出版会大元鈴子、佐藤哲、内藤大輔(編)130-143頁 『ギガトン・ギャップ 気候変動と国際交渉』(第6章 REDD に関する国際交渉の動向 担当執筆)共著2015年11月オルタナ古沢広祐、足立治郎、小野田真二(編)110-129頁 『アジア開発銀行は援助機関なんですか?』(第2章 熱帯地域での植林プロジェクト~インドネシア~ 担当執筆)共著1997年5月mit press神田浩史、松平尚也など7名16-28頁 <論文> FPICをめぐる論点とその森林分野での対応―ガイドラインの比較分析を通じて―共著2015年6月『林業経済』Vol.68,No.3 (No.800)(林業経済研究所)相楽美穂、庄野真一郎1-17頁 貿易政策における環境配慮~貿易相手国での内部化されない非越境的外部不経済への対応~単著2007年3月神戸大学大学院 国際協力研究科 博士論文 博ろ第160号 1-144頁 非越境的外部不経済とパレート最適な内部化関税政策単著2003年11月『国際開発研究』第12巻第2号(国際開発学会) 61-79頁 農地所有と雇用形態~理論的展望~単著1995年3月神戸大学大学院 国際協力研究科 修士論文 1-106頁 <発表・講演等> 日本のサプライチェーンと熱帯林―SDGs12と15の視点から単独2020年12月連続セミナー「森林減少と地球温暖化・生物多様性」第4回(主催:地球・人間環境フォーラム)頁 第3報告 熱帯林減少への日本のサプライチェーンと金融による対応状況単独2020年9月2020年国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」助成シンポジウム:グローバル森林新時代─森林減少ゼロ・SDGs・循環型社会を目指して─(「森林・林業・山村問題を考える」シンポジウム実行委員会頁 「パームオイルの持続可能なサプライチェーン」環境NGOの立場から単独2019年9月「パームオイルの持続可能なサプライチェーン」(国際開発学会 社会連携委員会、開発とビジネス研究部会主催、聖心女子大学グローバル共生研究所共催)頁 パーム油のCO2排出係数と持続可能性単独2017年10月バイオマス産業社会ネットワーク拡大研究会2017「持続可能なバイオマス発電燃料の調達と持続可能性基準」(バイオマス産業社会ネットワーク)頁 パーム油プランテーション事業への日本の銀行投融資単独2014年2月国際セミナー「熱帯林とCSR:生物多様性と人権の視点から〜パーム油と木材、紙製品〜」報告3 (共催:メコンウォッチ、FOE Japan、地球・人間環境フォーラム、SCC、JATAN、RAN日本代表部)頁 COP17ダーバン会合報告会 森林分野単独2012年1月「COP17ダーバン会合報告会」(主催:WWFジャパン、FoE Japan、気候ネットワーク、CASA、ISEP、RAN日本代表部、グリーンピース・ジャパン、オックスファム・ジャパン、JACSES)頁 <記事> 熱帯林破壊が高める新興感染症リスク:私たちの暮らしとのつながり単著2020年9月『つな環』第36号(地球環境パートナーシッププラザ) 10-12頁 紙とパーム油の原材料の生産地で起きていること単著2020年7月『国際人権ひろば』No.152(アジア・太平洋人権情報センター) 頁 インドネシア森林火災と、日本の紙消費・銀行業務単著2019年12月オルタナ 頁 東京五輪、紙調達基準案が抱えるリスク単著2018年3月オルタナ 頁 東京五輪、パーム油調達基準が抱えるリスクと課題単著2018年3月オルタナ 頁 ダーバン会合でのREDD の議論と今後の課題単著2012年6月『海外の森林と林業』No.84(国際緑化推進センター) 3-8頁 巡る「水」をめぐる新たな危機 水の民営化・商品化問題の構造単著2003年4月『世界』2003年4月号292-297頁 WTO体制下における林産物貿易の動向と在り方単著2002年8月『林業経済』vol.55,No.5(No.646)(林業経済研究所) 19-32頁 <その他> 『気候政策動向分析・資料集 脱炭素をめざして』(森林と金融 担当執筆) 共著2023年3月Climate Action Netowrk Japan(CAN-Japan)32-35頁 再生可能エネルギーとしてのパーム油利用問題に関する調査研究単著2018年7月高木仁三郎市民科学基金頁 REDD プロジェクト実施における「自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意(FPIC)」取得のためのガイドライン共著2015年3月地球・人間環境フォーラム、熱帯林行動ネットワーク1-43頁 Asia Pulp & Paper’s Hidden Emissions: Calculating the Real Carbon Footprint of APP’s Paper共著2010年10月Rainforest Action Network(RAN) & Japan Tropical Forest Action Network(JATAN) 1-14頁 タスマニア絶滅危惧種保護を巡るワイランタ裁判での逆転敗訴の意味単著2008年10月『フェアウッドマガジン』第31号(地球・人間環境フォーラム) 頁 誰がタスマニアの森を切っているの?買っているの?タスマニア森林破壊と日本紙業界の隠された真実共著2007年5月レインフォレスト・アクション・ネットワーク1-33頁 日米センターNPOフェローシップ【第5/6期フェロー研修報告書】(2.川上豊幸 成果を導く効果的なプロジェクト・マネジメントと資金管理 担当執筆)単著2007年3月国際交流基金 日米センター22-35頁 4. 学会等及び社会における主な活動 Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.

ログイン - ニコニコ クープ・ドゥ・ラ・リーグ 【ステークカジノ 評判】紹介 🔮 限定ボーナスとレーキバック! lcs2023
Copyright ©Sportsbet.io『スポーツベットアイオー』 The Paper All rights reserved.